人気ブログランキング |

トランスメディア提供アイコン01 タグ:酒 ( 23 ) タグの人気記事

トランスメディア提供アイコン01 アイリッシュウイスキー^^4 Connemara

.
            ふとみつけたアイリッシュウイスキー、
            カネマラ Connemara
            アイリッシュウイスキー好きのちびsugiは手を出さずには
            いられませんでした^^v

            一般にアイリッシュウイスキーはスモーキーフレーバーは
            無いとされます。ですが、その昔のアイリッシュウイスキー
            はピーテッド麦芽を使用していたとのこと。
            このカネマラもピーテッド麦芽を使用ているそうです。
            なので製品名も、ピーテッド・シングルモルト「カネマラ」
            その懐古を込めて名づけられたもだそうです。

            で、飲んだ感想ですが、確かにスモーキー^^v
            思った以上にスモーキーで、本当にアイリッシュ??
            と疑ってしまいました。
            ジャパニーズウイスキーで言うと宮城峡みたいな感じ・・・
            ですかね。
            ただ、アイリッシュの甘さもしっかり感じられます。

            4000円で購入できるので、気になる皆さんも是非ぜひ。

c0124773_1436337.jpg
                         デジカメ

          

by chibisugi | 2016-01-31 14:43 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 アイリッシュウイスキー^^3 GREEN SPOT

.
                『GREEN SPOT グリーンスポット』
             ダブリンのミッチェルズ酒店オリジナルのブランド。
             ミドルトン蒸留所の3回蒸溜によるニュー・ポットを購入して
             独自にシェリー古樽で熟成。10年の熟成期間を経て、
             毎年500樽のみの限定量をアイルランド国内向けにリリース
             している。
             アイリッシュの神髄とも言えるメローな風味が楽しめる銘酒かつ
             稀少品。

             とのことです^^
             確かにまろやかな味で美味しかったです。しかも安いですし^^

c0124773_16465125.jpg


             ちなみに、アイリッシュはピートを炊かないのでピート香や
             スモーキー香が非常に少なく、臭くないウイスキーなのです。
             またこの『ブッシュミルズ モルト10年』も、伝統的なポットスティル
             という製法で、蒸留を3回も行っていると言いいますので、
             ほかのアイリッシュよりも上品になり、且つ、モルトの味を
             しっかりと味わえるのだとか。


                       

by chibisugi | 2013-05-19 16:48 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 アイリッシュウィスキー^^2 BUSHMILLS MALT10

.
             『BUSHMILLS MALT10 ブッシュミルズ モルト10年』
             この銘柄は微かにピートフレーバーを持っており、一般的な
             アイリッシュ・ウィスキーとは一線を画している。
             バーボン樽で熟成させたアメリカンオーク樽の甘やかでパンチの
             ある味わいが特徴。
             濃厚なバニラ香のするフルーティで香り高い辛口の酒。
             余韻の長さも十分楽しめる。

             たしかに、少しだけピーティーなアイリッシュでした^^。

c0124773_1241038.jpg


             ちなみに、アイリッシュはピートを炊かないのでピート香や
             スモーキー香が非常に少なく、臭くないウイスキーなのです。
             またこの『ブッシュミルズ モルト10年』も、伝統的なポットスティル
             という製法で、蒸留を3回も行っていると言いいますので、
             ほかのアイリッシュよりも上品になり、且つ、モルトの味を
             しっかりと味わえるのだとか。


                       

by chibisugi | 2013-05-13 12:43 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 アイリッシュウイスキー^^1 REDBREAST 12

.
             アイリッシュウイスキーのシングルモルトです。
             アイリッシュはピートを炊かないので、ピート香や
             スモーキー香が非常に少なく、臭く飲みやすいのだとか。
             またこの『レッドブレスト』は、伝統的なポットスティル
             という製法で、蒸留を3回も行っていると言いいます。
             ほかのアイリッシュよりも上品になり、且つ、モルトの
             味をしっかりと味わえるのだそうです^^。

             確かに、スコッチとは違った味が味わえました。
             なんと言っても味が濃いです。
             ちびsugi^^が一番好きなウイスキーかもです^^

c0124773_12323352.jpg


                       『レッドブレスト12年』
             ミドルトン新蒸溜所産のピュア・ポット・スティル12年物。
             3回蒸留した原酒を12年以上熟成させた正に重厚なる
             アイリッシュの逸品。
             樽の香り充満していて実に味わい深い。
             レッドブレストとは、赤い胸をしたヨーロッパ・コマドリの英名。
             シェリー樽熟成という珍しいアイリッシュウィスキーで
             個性に溢れた、最高品質のアイリッシュである。


                       

by chibisugi | 2013-05-12 12:34 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 ワイン^^v

.
            最近、ワインにはまっています。
            はまるというよりも、元になっている葡萄の品種の違いで
            味がどう違うのか、ちびsugiが好きな味はどの葡萄から
            造られたワインなのか、が無性に知りたくて、今、いろんな
            ワインに手を出しています(笑)

            と言っても種類がありすぎるので、とりあえずはフランス産、
            ドイツ産のワインで飲み比べをしています^^。
            (ちなみにその品種を100%使用のものです。)

            赤ワインでは、
            ピノ ノアール
            メルロー
            シラーズ
            カベルネソーヴィニヨン

            白ワインでは、
            シャルドネ
            ヴィオニエ
            リースリング
            ソーヴィニヨンブラン
            ミュスカデ

            ロゼワインでは、
            グランクリュ
            ピノ ノアール

            とりあえずこれらを味見をして思ったことは、ちびsugiは、甘くて
            味の濃いもの、そして、渋みも酸味もより感じられるワインが好み
            なのだとわかりました。
            そして究極は、貴腐ワインなのだと・・・(笑)

            なので今では、遅摘み葡萄で作られたワインを探していろいろと
            飲み比べをしています。
            ちょっと値が張りますが・・・(苦笑)

            ちなみに皆さんはどの品種が好きでしょうか^^。
            また、お勧めの品種があったら教えて下さいな。

            でわでわ^^v

c0124773_1816484.jpg



                       

by chibisugi | 2013-04-15 18:17 | わたくし事 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 前から欲しかったものと言い訳^^

.
             現像に出したフィルムが上がってこないので、ちょっとした事を(笑)

             ウイスキーに手を出して早4年、その間ずっと飲んでみたかった物、
             それは、プレミアム・ブレンデットウイスキー、バランタイン17年。
  
             バランタイン17年は穀物様、モルティな感覚が強く、クリーミーな
             甘美さにそこはかとなくスモーキーさが潜んでいる。という。
             また、ちょっと加水したり、オン・ザ・ロックで氷がゆるゆると
             溶けはじめたときの甘美さがなんともいえない。らしい。

             そんなプレミアム・ブレンデットウイスキー、バランタイン17年が、
             先月、やまやで3800円で売っていた。
             いつもはシングルモルト派(スコッチの)のちびsugiですが、
             前々から飲んでみたかったウイスキーだったこともあり、
             年が明けて間もなかったこともありで、自分へのお年玉と
             いいきかせ、迷ったあげく買っってしまったのでした(笑)

             ちなみに定価は9000円、スコッチのブレンデットです。
             まだ飲んでいませんので、味見をしたら報告したいと思います。

             でわでわ、あで^^v

c0124773_17104592.jpg
                        デジカメ

by chibisugi | 2013-02-17 17:12 | わたくし事 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 スキャパ(スコットランドウイスキー)^^

.
              スキャパはスコッチウイスキーです。
              スコットランド産のウイスキーをスコッチと呼びます。
              そしてスコッチと言えば、ピーティーでスモーキー。
              (要は個性が強く臭いということ。)
              個性が強いため、好き嫌いが激しいと言われます。

              ピーティーやスモーキーさは、製造過程で泥炭(ピート)
              を炊き込む事で産まれるそうです。
              が、このスキャパはピートの炊き込みをしていないそうです。
              おかけで上品になり、モルトの味をしっかり味わえるとか。

              どうです?ピートを炊かないスコッチ。
              スコッチなのかと思ってしまうスコッチウイスキー。
              スコッチで唯一、ピートを炊かないスコッチです^^

              興味が沸いてきましたね?(笑)

              ちなみにちびsugiはとても大好きな味でした。
              でわでわ。

c0124773_23503557.jpg

c0124773_23504849.jpg


                        

by chibisugi | 2012-07-30 23:51 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 クラガンモア^^

.
             香りが豊かでコクがあり、飲み口の柔らかな
             スペイサイドモルトを代表するシングルモルト
             ウイスキーである。
             と、うたっています。

             やはりスコッチと言う事でスモーキーが強めでした。

c0124773_9492239.jpg


             Powered by BlogPeople          

by chibisugi | 2012-07-16 21:49 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 コーンウイスキー^^


             コーンウイスキーとは、80パーセント以上のコーン
             (トウモロコシ)を含むマッシュから造られる
             アメリカ産のウイスキーのことだそうです。

             そしてこのプラットバレーストーン・ジャック、は、
             なんと、コーン100%のバーボンウイスキーです。

             コーン100%の味、ウイスキー好きの方なら気に
             なって当然かと思います。
             ちびsugiもそうでした^^

             味も香りも、とっても甘いです。そして美味い。
             ちょっと、しつこいくらいの甘さですが・・・
             色もイイですよね~^^

             気になる方は、買って見てくださいな~^^


             でわでわ^^

c0124773_16482081.jpg
                                            デジカメ

             Powered by BlogPeople          

by chibisugi | 2012-03-22 16:49 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 アメリカンウイスキー2(バーボン)

             左から、ノブクリーク9、エライジャクレイグ12です。


             エライジャクレイグは、バーボン・ウイスキーを
             最初に製造したと伝えられており、「バーボンの父」
             として知られているそうです。

             ノブクリークは、低温と高温で2度焼きを施された
             特別なオーク材の樽で、また、「スモール・バッチ・
             バーボン」と呼ばれる小さい樽で熟成するそうです。
             小さい樽の方が、熟成が良く進むのだとか^^


             2本とも有名なバーボンです。
             値段も安く美味しいです。
             甘みが強く味も濃い、さらに香りも強いということで、
             ちびsugiはエライジャクレイグをお勧めします^^。

             あで~^^v。

c0124773_2281462.jpg
                                            デジカメ

             Powered by BlogPeople          

by chibisugi | 2012-03-21 22:08 | Comments(0)